からきだ菖蒲館のごあいさつ

からきだ菖蒲館

 今般、唐木田地域に地域住民の活動拠点としてできるすばらしい建物「からきだ菖蒲館」が誕生しました。 平成13年6月16日の建設協議会結成から足掛け10年、これからは、この建物を指定管理者として市から指定を受けた唐木田コミュニティセンター運営協議会が管理運営をします。 建物は内覧期間を経て3月24日から正式に市民サービスを開始します。これは、ひとえに地域住民、市の担当者、建設工事に携わった多くの関係者各位のご支援とご協力の賜と心から感謝を申し上げます。

 さて、私たち地域住民の多くは、住民づきあいが希薄だといわれて久しいこの唐木田地域をコミュニケーション豊かで、楽しいにぎわいのある地域にしたいと考えていました。 そして、私たち運営協議会はコミュニティセンターとしてのコンセプトをキーワード:"わ"(和・話・輪)としています。 この「からきだ菖蒲館」は、その"わ"をはぐくむ地域拠点として活用できるようになるでしょう。 そのため、私は建物管理の他に地域住民の各自個々の地域活動を具体的に実現させるサポートやアシストも主業務と考えています。 施設管理のハードを疎かには出来ませんが、利用される方々が心身共、バリアーの無い交わりに重きを置くソフト運営を事務局と一丸となって心掛けます。 このため、この施設を利用される皆様にはこれからの運営活動にも温かいご支援とご協力を心からお願いし、ご挨拶とさせていただきます。

平成23年3月20日
唐木田コミュニティセンター運営協議会 初代会長・現相談役 橋本正晴

からきだ菖蒲館のコンセプト

からきだ菖蒲館

 からきだ菖蒲館は、コミュニティセンター、図書館、児童館の複合施設です。今回まず多摩市の類似施設全て(コミュニティセンター6館、図書館5館、児童館10館) についての調査・ヒアリング・実測を行い、職員や市民と直接対話し、多摩市の地域活性や独自の施設の使われ方を見出し、設計に反映させていきました。

 そして、市民(建設協議会)、行政の方とワークショップを重ね、3つのゾーンの配置、諸室の必要性・大きさ・使い方、各ゾーン間の複合の方法、 相互活用の仕方など、ハード、ソフト両面について丁寧な話し合いを進めながら設計のアイディアを固めていきました。

 このような既存施設の調査や市民、行政とのワークショップを経て、各室が多機能に、また全体が複合的に使えるようにすることで、多くの地域住民に愛され、 地域コミュニティの中心施設になるように設計しています。元々この敷地は緑の小さい丘でした。その土地の記憶や環境を残すこと、土地の高低差に合わせて建物を配置して 1、2階ともに地上からアクセスできること、コミュニティセンター広場、児童館の園庭共に、明るく快適な空間とすることなどに配慮して設計しています。

 敷地周囲には歩道や植栽を巡らし、建物は緩やかな起伏のある緑化で屋上全体を覆います。屋上緑化は、地上から望むことができ、地上に植えた緑と合わせて、 もとの土地が持っていた緑の丘の原風景を蘇らせることを意図しています。

 また、近隣に対する輻射熱など、それまでの熱環境を変えないことを考え、ヒートアイランド 現象の緩和や地球温暖化に配慮しています。屋上には自然換気・排熱を行うために窓と、その屋根面に太陽光パネルを組み込んだハイサイドライトを設置し、自然エネルギーを積極的に活用しています。

設計者の思い

からきだ菖蒲館

 その場所、その場所には独特のIRO(色、雰囲気、匂い)や記憶がある。そのIROや土地の記憶を継承して建築を作ることは重要だ。この敷地は小さい丘であった。 その丘で遊んで育った人々の記憶、窓から眺めて暮らした人々の想い出、それを建築として再構築した。敷地周囲を巡る約一層分の高低差を利用し、西側を二層、東側を一層として、 図書館やコミュニティセンターのメインエントランスを西側に、児童館の入り口を東側にすること、また建物周囲には今までなかった歩道や植栽を巡らし、 屋上を緩やかな起伏のついた緑化で覆い、土地の記憶を蘇らせるようにした。結果として21世紀型の建築、つまり環境に配慮した地球にやさしい建築にもなった。

 もう一つ建築を設計する上で大切なことは、市民や行政の人とワークショップ等を通して徹底的に話し合ったり、何気なく使っている身近な建物を見ることだと思う。 市内の類似施設を全ての調査、実測を行い、市民や職員の方々と直接対話し、建物がどう建てられ、どう運営されているか、またどんな問題があるかを話し合った。 朝から日が沈むまで案内してくれた市職員の方の粘り強さ、一つ一つの部屋の大きさ、使われ方等を熱く語ってくれた市民の方々、誠意をもって対処された市役所の人達の熱意に感動した。

 コスト以内で、各室が多機能で複合して使える、そして地域の人たちの願いを込めた、このまちのIROを持った建築が出来たと思う。

株式会社 新居千秋都市建築設計 代表取締役 新居千秋

アクセスマップ

〒206-0034 東京都多摩市鶴牧6丁目14番地
唐木田駅改札口を出て左方向200m右側
※駐車場はありません。



大きな地図で見る

#